欢迎来到文案迷,我们是一家专注于广告文案、广告词、广告语的网站。

干杯会更添一份美味

2016年09月17日   相关:村上春树
第一话  

疼痛是无可避免的。但是苦痛是自己决定的。 
在某个时候我记住了这样一句话。  
之后每次我一长跑,这句话就在我脑海中盘旋挥之不散。  
辛苦是理所当然的,但是以何种方式品尝这份苦是由自己决定的。 
苦痛是可以自己选择的。  
气馁与否也是自己的选择。  
痛苦这件事情就是自己的选择。  

干杯会更添一份美味。札幌啤酒。     

痛みは避けられない。でも苦しみは自分次第だ。
 ある時そんな言葉を覚えた。  そして、長距離レースを走るたびに、頭の中でその文句を繰り返すようになった。  きついのは当たり前。
でもそれをどんなふうに苦しむかは、自分で選びとれる。  Suffering is optional.  へこたれるも、へこたれないも、こちら次第。  
苦しいというのはつまり、僕らがオプションを手にしているということなんだ。  
乾杯をもっとおいしく。サッポロビール。  

第二话  

僕やあなたのような普通のランナーにとって、レースで勝ったか負けたか、そんなのはたいした問題じゃない。  
自分のかかげた基準をクリアできたかどうか。それがなによりも重要になる。  
判断はあなた自身に委ねられている。  
自分の中でしか納得できないものごとのために。他人にはうまく説明できないものごとのために。  
永い時間性をとってしかあらわせないものごとのために。  僕らはひたすら走り、また、こうして小説を書く。  
乾杯をもっとおいしく。サッポロビール。
 
对于你我这样普通的跑者来说,比赛的胜负并不是什么大问题。  
是否能够达到自己设定的标准比什么都重要。  
并且由你自己去判断。  
因为唯有自己方可理解,因为这本就是无法向别人很好解释的问题。  
因为只有经历漫长的时间才能出现。  
我们只管一路奔走,或者像这样写写小说。  

干杯会更添一份美味。札幌啤酒。    

第三话  

やっとゴールのマラトン村にたどりつく。  炎天下の42キロを走り終えた達成感なんてどこにもない。
 頭にあるのは、あぁもうこれ以上走らなくてもいいんだ、ということだけ。  村のカフェで一息つき、冷えたビールを心ゆくまで飲む。  
ビールはもちろん美味い。  でも、僕が走りながら切々と想像していたビールほど美味くはない。  
正気を失った人間の抱く幻想くらい美しいものは、この現実世界のどこにも存在しない。
乾杯をもっとおいしく。サッポロビール。  

好不容易到了终点的马拉松村。  并没有什么在烈日下跑完42公里的成就感。  
脑海中只有一个想法,啊,终于再也不用跑了。  在村里的小酒馆歇歇脚,来点冰啤酒,喝到尽兴。  
啤酒当然是很好喝的。  
但远比不上我边跑边深切地想象中的啤酒那般美味。  
精神失常的人幻想中的美好事物在这个现实世界里是不存在的。  

干杯会更添一份美味。札幌啤酒。    

第四话
 

走っている時に頭に思い浮かぶ考えは、空の雲に似ている。  いろんな形の、いろんな大きさの雲。
それらは、やって来ては去っていく。  でも、空はあくまで空のままだ。雲はただの客人にすぎない。  
通り過ぎ、消えていくものだ。  暑い日には、暑さについて考える。寒い日には、寒さについて考える。  
辛いことがあった日には、いつもより少し長く、少しきつく、一周余分に走ることにしている  そして,後にただ空だけを残す。  
乾杯をもっとおいしく。サッポロビール。  

跑步时脑海中浮现的想法就像是天上的云朵。  
各式各样、大小不一的云朵。这些云朵来来往往。  
但是天空到底还是天空,云朵只不过是过客。  
匆匆而过,消逝远去。  天热的时候想着热,天冷的时候想着冷。  
当你遇到艰辛的事情,总感觉比平常久一点累一点,就像多跑了一个星期一样。  
到后来只徒留一片天空。  

干杯会更添一份美味。札幌啤酒。

转载需知:本页内容为编辑手工码字整理,转载请注明来源,违者必究,谢谢配合。链接:http://www.wenanmi.com/wenan-113.html
上一篇:只款待心中最重要的人
下一篇:心有多野,未来就有多远